本文へスキップ

―農業にかかわる皆さまを応援します―

スマート農業への取り組みWORK ON SMART AGRI

スマート農業とは・・・
ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する等を推進している新たな農業のことです。担い手の高齢化が急速に進み、労働力不足が深刻となっている日本では、スマート農業を活用することにより、農作業における省力・軽労化を更に進められる事が出来るとともに、新規就農者の確保や熟練者の技術力の継承等が期待されています。

当公社でもKSAS対応農機を使用して作業を行っておりますが、今年度から本格的にスマート農業に取り組んでいくことが決定されました。段階的な導入となりますが、まずはKSASを使用した圃場管理を中心に取り組んでいく予定となっております。

KSAS圃場管理システム

圃場管理

上記画像はKSAS圃場管理画面の一部。圃場1枚1枚に詳細な情報を入力し、すべての職員がどのような圃場なのかを確認出来ます。

作付計画

作付計画画面では、品種や栽培方法・作業期間を入力し職員間で共有。画像右側の食味・収量分布等の設定した基準値を守れるように気を配りながら計画・作業を行います。

作業日誌

作業日誌画面では、担当者が毎日作業内容を入力します。どこの圃場で何の作業をしたかが分かるので、職員がお互いに確認し合い作業漏れやミスを減らすことができます。


バナースペース

一般社団法人
北上市機械化農業公社

〒024-0323
岩手県北上市和賀町煤孫10-14-2

TEL 0197-73-6022
FAX 0197-73-6800